新着情報

◆2016/11/15
フィラリア薬の副作用ってありますか?を新規投稿しました。
◆2016/11/15
フィラリアの予防薬ってどんな効果があるの?を新規投稿しました。
◆2016/11/15
フィラリア 薬 検査→フィラリアの検査について教えて下さいを新規投稿しました。
◆2016/11/15
フィラリアの予防薬を飲ませていませんを新規投稿しました。
◆2016/11/15
フィラリア薬って結局どれがいいの?を新規投稿しました。

フロントラインプラスの使用方法・使い方・効果について

フロントラインプラスについて

フロントラインプラスは生後8週齢の子犬や子猫に使用ができ、交配中や、妊娠中、授乳中の犬や猫にも安心して使用ができるノミ・マダニ駆除薬です。また、処方薬としても使われているので安心して使用が出来ます。

水に溶けにくく、脂に溶けやすい成分から作られているので、皮膚の下にある皮脂腺にすばやく吸収され、蓄積され皮脂腺に蓄えることができれば、その後は体を舐めても、薬剤が口に入ってくることがないので安心な薬です。

フロントラインプラスの成分は人を含む哺乳類に対して安全領域が広いので、ノミ・マダニに効果が強く安全に使うことが出来ます。

フロントラインプラスの使用方法・使い方について

毎月決まった日に投与することで、ノミ・マダニから犬や猫を守ることができます。月に1回の定期的に使用することをおすすめします。

体重によって薬の量が決まっています。以下に説明します。

XSサイズ 5kg未満・・・0.5ml 1ピペット全量
Sサイズ 5kg~10kg・・・0.67ml 1ピペット全量
Mサイズ 10kg~20kg・・・1.34ml 1ピペット全量
Lサイズ  20kg~40kg・・・2.6ml   1ピペット全量
XLサイズ 40kg~60kg・・・4.02ml 1ピペット全量

体重に合った適量を投与しましょう。

フロントラインプラスはシャンプーやトリミングなどした場合でも被毛や皮膚が乾いていれば、投与をすぐに行えます。

使い方は、肩甲骨の間の被毛を手やクシを使いかき分けて皮膚が見えるようにして、皮膚の上に 直接薬の液を垂らし、皮膚に浸透させます。薬の液が被毛に垂れていかないように気をつけてたらしてください。この際、被毛の分け目を少しずらし皮膚を新たに出して垂らし、数回ずつ垂らしいくと全量が滴下することができます。

フロントラインプラスの効果について

従来のフロントラインと同じく、フロントラインプラスは犬や猫に寄生するノミ・マダニをすばやく駆除し、有効成分のふたつ目である(S)-メトプレンがノミの卵や幼虫の発育をとどめる効果をダブルで作用します。この効果は寄生するノミだけではなく、ノミの繁殖や再寄生の予防にもなります。

犬につくシラミやハジラミにも高い効果が認められています。駆除の効き目は、ノミ駆除で24時間以内、マダニ・シラミ・ハジラミの駆除に対しては48時間の効果があります。

定期的に投与することで、ノミ・マダニの駆除に大きな効果をもたらします。犬や猫のとっても投与をすることで不快なストレスが軽減されます。

フロントラインプラス投与後48時間後には、シャンプーや泳ぎなどをしても効果が薄れることはありません。

フロントラインプラスの副作用について

主な成分になるものは「フィプロニル」という成分で、この成分はゴキブリやアリの駆除剤としても使われています。この成分は神経伝達物質の働きを妨げ、ノミ・マダニを駆除します。このような成分の薬を使用した後は、薬剤が完璧に乾くまで、直接触れることを避け、周囲の人にも伝える必要があります。

人間が触ってはいけない薬を犬や猫に投与することは考えものですが、この薬は虫が持っているホルモンを妨げる薬なので、人を含む哺乳類が触ってみる、摂取をしても作用が起きないのです。

使用後の副作用などは、投与した場所を舐めた場合や犬が高齢犬であった場合、犬が重度な疾患を患っていた場合などに起きています。犬を多頭飼いしている家は犬同士で投与した場所を舐める場合が考えられます。また、猫は毛づくろいをする習慣があるため、舐める行為に対して副作用がでないように気をつける必要があります。

主な副作用を以下に記載します。
●嘔吐
●食欲不振
●皮膚炎
●脱毛
これらの症状が現れた場合はすぐに獣医師の診察を受けましょう。

フロンラインプラスの注意点について

フロントラインプラスは動物病院での処方薬として扱われています。ですが、最近ではネットでの安価な販売が主流になり、サイトを利用して安価入手される人が増えています。確かに、動物病院で購入する場合は動物病院によって価格も違い、高価な薬になってしまします。ネットを使って安価で購入することには、リスクがあることを知っておきましょう。動物の薬を販売するには「動物用薬品店舗販売業」という許可が必要です。この許可を取得していないで薬を販売しているサイトがあります。そのようなサイトは外国から成分の違う薬をフロントラインプラスに仕立てて販売している闇サイト的なところもあります。

見分けかたについて説明しますと、パッケージの記載が日本語の記載がされていない物は気をつけた方が良いでしょう。

ネットのサイトを利用されて購入される場合は、そのサイトが「動物用薬品店舗販売業」の許可を取得しているサイトかを確認してから購入しましょう。

サイトを利用して安価で薬を入手しても、万が一、成分の違った薬の投与によって副作用が出てしまい病院通いの要因の可能性がある場合は、動物病院での購入をおすすめします。安全性において保障が出来ないサイトの存在があるからです。