フィラリア薬って結局どれがいいの?

フィラリア予防製剤はたくさんある

フィラリア予防薬は、単なる錠剤だけでなく、フレーバーを持つものやフィラリア予防以外のプラスアルファの効果を持つものなど、非常に多くのバリエーションの製品が発売されています。
動物病院で処方されるフィラリア薬は、ちゃんと農林水産省からの承認を得ていますから、フィラリアの予防効果に差があるなどはありませんので安心してお使い下さい。
ちなみにプラスアルファの効果というのは、ノミやマダニの予防、消化管寄生虫の駆除効果があるかないかです。形状は、毎月飲む錠剤やフレーバーのついたおやつタイプ、毎月背中に垂らすスポットオンタイプ、ワンシーズン1回接種する注射タイプがあります。

どんな形状を選んだらよいか

錠剤は、そのまま口の奥に入れたり、何かにくるんだり食事と一緒に飲み込むとよいでしょう。しかし「錠剤が苦手でどうしても吐き出してしまう」というワンちゃんも多いと思います。そのような場合は、おやつタイプがおすすめです。薬なのに、月1回しか食べられないご褒美のおやつの代わりになるので、とても人気な形状です。
しかし、中には「うちの子、おやつにもこだわりがあるんです」なんていうグルメなワンちゃんもいるでしょう。その場合はスポットオン製剤か注射になります。とくにスポットオン製剤は、先ほどのプラスアルファの効果を併せ持った製品が多く、フィラリア薬にしては全体的に高価になります。もし、それが不要という方は注射を選択したらよいでしょう。

いかがでしょうか。フィラリア薬の選択に迷うことがあるかと思いますが、これらすべての商品を置いてある動物病院はまずありません。どんな製品が購入可能かは、かかりつけの動物病院に問い合わせましょう。動物病院に行くと「こんな質問したら悪いかしら」と遠慮されてしまう方も多いと思いますが、ささいなことにしっかりと答えてくれる獣医さんが良いかかりつけ医だと思いますので、ためらわず質問して下さいね。

フロントラインプラスの使い方お助け案内室TOPへ